インテリア専門学校でも積極的に資格取得を進めている

資格があると有利~インテリア専門学校で取れる資格とは~

女の人たち

インテリアコーディネーターに必要な資格

インテリアコーディネーターになるために必要な資格はありません。
ただし、インテリアコーディネーターとして活躍するためには、インテリアに関連のさまざまな取得が必要です。資格にチャレンジしていくと、幅広い知識を身につけることができます。
とくに、「インテリアコーディネーター資格試験」の資格を取得しておくと
・就職や転職に有利になる
・初対面の方とも信頼してもらえる肩書となる
・基礎知識が身につく
他にも
知識の幅を広げるために建築や設計の知識を得るために「建築士」や色彩スキルをアップさせるために「色彩検定」実務に役立つ「CAD利用技術者試験」などチャレンジしている人も少なくありません。

資格を持っていると就職に有利?

インテリアコーディネーターを名乗っているとセンスがよい魅力的な提案が求められます。センスは言葉では表すことは難しく、インテリア業界や住宅関連企業に就職をするときには資格を持っていることによってアピールをすることができます。特に未経験で業界に入りたいときにはアピールポイントを作ることは重要です。
資格を取得しておくことによって、就職先でのクライアントやお客様との対応するときには「プロ」としての信用度をプラスすることができます。
ただし、資格の勉強をすることはアピールするための方法ではなく、知識を積み重ねていく方法です。資格を複数取得すると、資格同士の相互効果や知識の幅が広がります。

資格の必要性について

インテリアコーディネーターとして働きだしてから資格を取得することもでき、働く前に必ず資格が必要になることはありません。ただし、資格取得者として注目され会社内外でもコーディネーターとしての信用を得ることができます。
専門学校などでは、資格取得の推奨を行っており特別講座を行ったりとサポート体制を整えて望んでいます。