インテリア専門学校でスキルを習得~就職先もサポート~

インテリアコーディネーターとは?

インテリアコーディネーターはインテリアや設備を使った「よりよい暮らしのための住まいつくり」を提案する仕事を行います。
最近では個人の住居だけでなく、オフィルや病院などを過ごしやすい環境作りのためにインテリアコーディネーターが活躍しています。

インテリアコーディネーターが人気の理由

インテリアコーディネーターはとくに女性に人気がある職種です。
自分のセンスを活用することができ、女性ならではのセンスを発揮することができる、女性が活躍できる職業です。

インテリアコーディネーターの就職先TOP5

no.1

大手建設会社や住宅メーカー

インテリアコーディネーターの求人はとくに大手建設会社や住宅メーカーなどが多く募集されます。
住宅メーカーが関わった一戸建てやマンションのショールームなどをコーディネートする業務を行います。

no.2

住宅設備メーカー

照明器具や家具などの住宅設備メーカーのショールームのコーディネートや来店されたお客様へのご提案などを行います。
勤めるメーカーの商品知識を深く学ぶことが必要となります。

no.3

分譲住宅・マンションを取り扱う不動産会社

分譲住宅やマンションを扱う不動産会社が展開しているモデルルームに来店するお客様に、対象物件で暮らすイメージをしてもらうためにコーディネートを行います。
購入するお客様にインテリアのアドバイスを行うこともあります。

no.4

ショップのディスプレイやコーディネート

デザイン会社や設計事務所にて、マンションや一戸建てだけでなく、レストランやショップなどの商業施設などのディスプレイやコーディネートを手掛けることもあります。

no.5

インテリアショップやデパートなどで空間プロデュース

インテリアショップやデパートなどで展示する商品のプロデュースを行います。
販売する商品をお客様へわかりやすく、購買意欲をかきたてる魅力的なディスプレイなどは売り上げに大きい貢献することができます。

インテリアコーディネーターを目指すための勉強方法4選

インテリアコーディネーター試験を受ける

インテリアコーディネーター試験では
・マークシート式の一次試験
・論文や製図が試験に出る二次試験
を受験しますが、一次試験に合格しないと二次試験に進むことができません。

インテリアコーディネーター試験の一次試験を突破するためには

・テキストを繰り返し読む
・過去問を解きつづける
・用語を頭に詰め込む
一次試験は「暗記」がポイントになります。専門用語やサイズなど徹底的に暗記していきます。

二次試験の製図の問題を解くために

「論文」と「製図」が出題されますが、初心者には特に製図が難しいといわれています。
製図は、問題の意図や傾向を理解することが必要です。そのためにも模範解答を見ながら素早く描きあげる技術を身につけることが合格のコツとなります。

二次試験の論文を解く勉強法

過去問の解答をひたすら読んで覚えていきます。
論文を書き上げるためには文字数が必要となるため、さまざまな言葉と言い回しの知識が必要となります。

インテリア専門学校に通うメリットは大きい

ウーマン

インテリアコーディネーターの専門学校とは?

インテリア関連をより専門的に幅広く学ぶことができます。
一般的には全日制3年制(学科によっては2年制)、夜間では2年制です。
インテリアコーディネーターとして必要な知識や技術、各種資格試験や就職へのサポートを行っています。
専門学校として学歴として履歴書には記入をすることができます。

インテリアコーディネーターを目指す時に専門学校が有利な理由

専門学校によってはプロのインテリアコーディネーターを講師として迎えて授業を行い、現場で働くプロのノウハウやスキルを直接指導してもらうことができます。
インテリアコーディネーターに特化した授業を集中的に行っているためスキルを磨いていくことができます。
就職へのサポート体制が徹底している学校も、少なくありません。

[PR]フードコーディネーターの資格を取ろう
必要な知識をしっかり習得

[PR]東京で人気の高いエステスクール
転職に最適なスキルを身に付けよう

[PR]評判の良いパティシエ専門学校を紹介!
製菓の技術を身に付けよう

[PR]エステの技術と知識は専門学校で学ぼう
就職活動をサポートしてくれる☆

[PR]インテリア専門学校情報☆
好きなことを仕事に。